動画プレスリリース配信サービス Video News Release Channel VNR.ch

初めての方はこちら
TOP > リリース >海外リリース > Texas Cardiac Arrhythmia Institute at St. David's Medical Center
海外リリース

St. David's Medical CenterのTCAIが脳卒中を減らす装置の試験で患者を登録中

Texas Cardiac Arrhythmia Institute at St. David's Medical Center

2019年02月25日 10:09 配信
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

St. David's Medical CenterのTCAIが脳卒中を減らす装置の試験で患者を登録中

AsiaNet 77501 (0257)


【オースティン(米テキサス州)2019年2月25日PR Newswire=共同通信JBN】St. David's Medical CenterのTexas Cardiac Arrhythmia Institute(TCAI、テキサス心不整脈研究所)は最近、持続性心房細動(A Fib)患者の治療でDiamondTemp Systemの有効性を調べるDIAMOND-AF II臨床試験に参加する患者の登録を開始した。A Fibは心筋の電気システム、あるいは「配線」に影響する不規則な心臓の鼓動の一種で、心臓にうっ血や脳に達し得る凝血を起こす。治療せずに放置するとA Fibは脳卒中の危険を高めかねない。

このアブレーションシステムはアブレーションカテーテル(体内と心臓に挿入する細い柔軟なプラスチックチューブ)、高周波発生装置、イリゲーション・ポンプから成る。発生装置はアブレーションを起こすため独自の温度制御手法でカテーテルに高周波(RF)エネルギーを供給、カテーテルを通ってRFエネルギーが心臓組織に達すると小範囲を加熱し、A Fibを起こす不規則な心拍リズムを遮断する傷を作る。そこで、イリゲーション・ポンプが生理食塩水をカテーテルに注入、アブレーション中にカテーテルの先端を冷却する。

St. David's Medical CenterのTexas Cardiac Arrhythmia Institute(TCAI)医療部長、米心臓病学会フェロー(F.A.C.C.)、Heart Rhythm Societyフェロー(F.H.R.S.)、欧州心臓病学会フェロー(F.E.S.C.)で、この試験の主任研究員であるアンドレア・ナターレ医学博士は「このアブレーションシステムにより、即時コンピューター制御組織温度測定のフィードバックも加わり、より短時間、より高出力でアブレーションできる。この手法は病変の改善をもたらし、最終的に患者により良い結果をもたらし得る」と語った。

TCAIは最近、1週間未満の発作性心房細動の治療でDiamondTemp Systemを評価するDIAMOND-AF調査への登録を終えた。DIAMOND-AF II調査は来年まで続く予定。

▽メディア問い合わせ先
Erin Ochoa or Tina Shively
Elizabeth Christian Public Relations
+1 512.472.9599

ソース:Texas Cardiac Arrhythmia Institute at St. David's Medical Center

アクセスランキング

twitter

facebook

試し読み上位の作品

表紙クリック後、右上のボタンで拡大表示できます