動画プレスリリース配信サービス Video News Release Channel VNR.ch

初めての方はこちら
TOP > リリース >海外リリース > ファーウェイ
海外リリース

ファーウェイがAI Fabricに関するホワイトペーパーをリリース

ファーウェイ

2018年12月28日 11:37 配信
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ファーウェイがAI Fabricに関するホワイトペーパーをリリース

AsiaNet 76904 (2407)

【深セン(中国)2018年12月27日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)がホワイトペーパー「AI Fabric, Intelligent and Lossless Data Center Network in the AI Era」(https://e.huawei.com/en/material/onLineView?MaterialID=2d91d86926e7467e815a5d54615a3ec8 )をリリースした。

このホワイトペーパーはAI機会をとらえてデータ価値を収益化することによって、インテリジェントかつロスレス・データセンター・ネットワーク構築の緊急性および必要性を提示している。ホワイトペーパーは、AI FABRIC(https://e.huawei.com/en/solutions/business-needs/enterprise-network/data-center-network/ai-fabric-network )を使用してゼロパケットロス、低レイテンシー、ハイスループットのインテリジェントかつロスレス・ネットワークを構築する独自の技術的優位性と顧客のメリットを詳述している。今回のリリースは次世代データセンター・ネットワーク構築の貴重な参考資料である。

データ分析によると、クロスボーダー企業2000社の67%の最高経営責任者(CEO)はデジタル化を戦略の中核とみなしている。

AIを使用してデジタル化で生じる大量のデータ量からインテリジェンスをマイニングすることはごく普通のことである。ファーウェイのGlobal Industry Vision(GIV)は、AI調達率が2025年までに85%に達し、さらにAIを活用して決定を下し、ビジネスモデルとエコシステムを再形成し、顧客体験を再構築することが重要な推進力になると予測している。

AIはICTアーキテクチャーの変革を推進する。ストレージ媒体はハードディスクドライブ(HDD)からソリッドステートドライブ(SSD)に移行し、レイテンシーは100%解消され、データプロセッシングのCPUはGPU(または専用AIチップ)になり、コンピューティング性能を100倍に向上させた。

レイテンシー・ボトルネックは、ネットワーク通信をTCP/IPからリモート・ダイレクト・メモリー・アクセス(RDMA)への進化を推し進めている。分散型アプリケーション・アーキテクチャーはサーバー間の多大なコラボレーションを実現し、N:1トラフィックエクスチェンジおよびラージバイト・データパケットはネットワーク輻輳に追い打ちをかけている。

通信プロトコルの進化とアプリケーション・アーキテクチャーの変化はインテリジェントかつロスレス・データセンター・ネットワークのためにネットワーク変革を要求するだけでなく、ゼロパケットロス、低レイテンシー、ハイスループットを達成するためにインテリジェントなスケージューリングおよびロスレス・フォーワーディングを必要としている。

ファーウェイはHUAWEI CONNECT 2018で、AI Fabric Intelligent and Lossless Data Center Network(https://e.huawei.com/en/solutions/business-needs/enterprise-network/data-center-network/ai-fabric-network )Solutionを発表し、顧客が従来のEthernetネットワークと互換性があるRDMAネットワークを構築することを支援する。

このソリューションは、データセンター向けのゼロパケットロス、低レイテンシー、ハイスループットを完備する最適な性能を提供する。今回のホワイトペーパーは、輻輳管理およびトラフィックコントロールから見たファーウェイのAI FABRICアルゴリズム・イノベーションを詳述している。1つのネットワークは、LAN、SAN、IPCの3種類のトラフィックを実行する。

欧州のサードパーティーの独立系試験機関EANTCによると、ファーウェイのAI FabricはHPCノード間の通信時間を事実上40%削減し、AIトレーニングなどの革新的なサービスの効率を大幅に向上させる。

Huawei Data Center Network Domainのゼネラルマネージャーであるレオン・ワン氏は「RDMAネットワークの人気はトレンドになっており、一部の有力なインターネット・エンタープライズに展開されている。インテリジェントかつロスレス・データセンターはAI時代におけるネットワークの変革方向の1つになった。ファーウェイのAI FabricはAI時代の革新的なソリューションである。これはデータコンピューティングとストレージ効率を推進し、多大なROIをエンタープライズにもたらす」と語った。

ファーウェイのAI Fabricはインターネットや金融などの有力エンタープライズでの商業利用に成功してきた。AI Fabricはインターネット・エンタープライズがAIトレーニングの効用を高め、自動運転の商業利用を加速することを支援する。AI Fabricは招商銀行がクラウドストレージ性能を20%向上させ、リテールバンキング3.0時代をリードすることを支援している。

ホワイトペーパー「AI Fabric, Intelligent and Lossless Data Center Network in the AI Era」の全文は以下のウェブサイトを参照。
https://e.huawei.com/en/material/onLineView?MaterialID=2d91d86926e7467e815a5d54
615a3ec8&utm_medium=display&utm_source=other&utm_campaign=EEBGHQ197102L

▽ファーウェイ(Huawei)について
ファーウェイは、情報通信技術(ICT)インフラストラクチャーおよびスマートデバイスで世界をリードするプロバイダーである。同社は通信ネットワーク、IT、スマートデバイス、クラウドサービスの4主要分野における統合ソリューションによって、完全にコネクテッドかつインテリジェントな世界に向けてデジタルをあらゆる人々、家庭、組織に提供することにコミットしている。

ファーウェイの製品、ソリューション、サービスのエンドツーエンド・ポートフォリオは、競争力があるとともにセキュアである。エコシステム・パートナーとのオープンなコラボレーションを通じて、同社は顧客向けの持続的な価値を創出し、人々を支援し、家庭生活を豊かにし、あらゆる種類および規模の組織におけるイノベーションを喚起することに取り組んでいる。

ファーウェイでは、イノベーションは顧客のニーズに重点を置いている。同社は基礎研究に大幅投資し、世界を前進させる技術上の進歩に専念している。同社は18万人以上を雇用し、170以上の国・地域で事業展開している。1987年創業のファーウェイは、雇員が完全所有する民間企業である。

詳細はファーウェイのウェブサイトwww.huawei.com を参照するか、以下でフォローを。
http://www.linkedin.com/company/Huawei
http://www.twitter.com/Huawei
http://www.facebook.com/Huawei
http://www.google.com/+Huawei
http://www.youtube.com/Huawei

ソース:Huawei

アクセスランキング

twitter

facebook

試し読み上位の作品

表紙クリック後、右上のボタンで拡大表示できます