動画プレスリリース配信サービス Video News Release Channel VNR.ch

初めての方はこちら
TOP > リリース >海外リリース > PROYA
海外リリース

Proyaが2018年上半期決算を発表、収益1億5200万米ドル超、純利益1900万米ドルに

PROYA

2018年09月17日 11:58 配信
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Proyaが2018年上半期決算を発表、収益1億5200万米ドル超、純利益1900万米ドルに

AsiaNet 75196 (1613)

【杭州(中国)2018年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】中国の大手化粧品会社Proya Cosmetics Co., Ltd.(SHA: 603605)は2017年11月の中国A株市場への上場以来、着実な成長を見せている。同社はこのほど、2018年上半期の収益が10億4200万元(約1億5200万米ドル)と前年同期比24.92パーセント増だったと発表した。2018年上半期、Proyaは純利益1億2900万元(約1900万米ドル)を達成し、2017年の同期比で44.88パーセント増加した。同社のフラッグシップブランドであるProyaは総収益の89.42パーセントを占め、これは前年同期比27.52パーセント増だった。さらに、同社のオンラインチャンネルの収益は年率58.46パーセント増となり総収益に占める割合は39.59パーセントに上昇、この化粧品会社のeコマース事業の収益性が大幅に改善したことを示した。

              For the 6 Months Ended Jun. 30; in RMB

Key indicators                     2018              2017            Change(%)
Revenue                            1,041,537,520.45  833,791,097.99   24.92

Net profit attributable
to shareholders
of the listed company              128,925,429.52    88,987,695.89   44.88

Net profit excluding
non-recurring items
attributable to
shareholders of the
listed company                     122,415,218.95    77,718,271.66    57.51

Net cash flow from
Operations                         221,630,728.70    155,163,963.54   42.84

                         As of Jun. 30, 2018      As of Dec. 31, 2017  Change (%)

Net assets
attributable to
shareholders of
the listed company   1,526,364,992.62       1,458,687,546.64       4.64

Total assets         2,578,514,095.67       2,303,827,477.37       11.92

決算によれば、考えられる増益の要因は以下:

1. 2018年上半期、オンラインチャンネルの収益が58.46パーセント伸びたことが主な推進力となり、同社の収益は24.92パーセント増となった。2018年上半期の、日用化学製品専門店、デパート、スーパー、単一ブランド店を含むオフラインチャンネルの収益は前年同期比9.6パーセント増の6億3000万元(約9200万米ドル)に達した。

2. 同期間の、同社の純利益増ならびに株主に帰属する非経常損益項目を除いた純利益の伸びは、主として売上げ増と管理費削減の結果である売上総利益の増加によるものだった。

3. 同期間中、営業活動によるキャッシュフローの大幅な改善は、主に販売の伸びに押し上げられたものだった。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180911/2233775-1
(Proyaの鐘を鳴らすセレモニー)

Proyaは現在、Proya、Uzero、Anya、Hapsode、Cats & Roses、Yoyaなどのブランドを保有する。同社のフラッグシップブランドとして、Proyaは120を超すオフラインのディストリビューターおよび1万3000の化粧品店舗を持つ。

2018年上半期、Proyaブランドは成功している「Ocean Skincare」アプローチをさらに拡大することで若い消費者層をターゲットにし続けた。同期間中、ブランドは3つの新たなコレクションであるDeep Ocean White Luminous、Insbaha Makeupおよび顔用パックのシリーズを展開し、マーケティングの観点から、人気の男性アイドル、リー・イーフォンを新たなブランド・アンバサダーに任命し、幾つかのバラエティー番組と提携した。有名な女優でProyaのブランド・アンバサダーであるティファニー・タン(タン・ヤン)主演の中国の人気テレビシリーズ「The Way We Were」の埋め込みマーケティングのパートナーとして、Proyaは現在進行中のシリーズを通じたプロダクト・プレイスメント、マルチチャンネルのマーケティングの取り組みおよびファンとの日常的な交流に支えられ、IPバンドリング・マーケティング・キャンペーンの実施で成功を収めた。

これに加えて、Uzeroは単一ブランド店舗のビジネスモデルの再開を続けた。

ソース:PROYA

アクセスランキング

twitter

facebook

試し読み上位の作品

表紙クリック後、右上のボタンで拡大表示できます