動画プレスリリース配信サービス Video News Release Channel VNR.ch

初めての方はこちら
TOP > リリース >海外リリース > ファーウェイ(Huawei)
海外リリース

ファーウェイがIDN対応クラウドデータセンター・ネットワーク構築でサイバーエージェントを支援

ファーウェイ(Huawei)

2018年05月11日 14:48 配信
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ファーウェイがIDN対応クラウドデータセンター・ネットワーク構築でサイバーエージェントを支援

AsiaNet 73480 (0838)

ファーウェイが固定型スイッチのIDN対応クラウドデータセンター・ネットワーク構築でサイバーエージェントを支援

【深セン(中国)2018年5月10日PR Newswire=共同通信JBN】Huawei Global Analyst Summit 2018(HAS 2018)で、日本のインターネット企業サイバーエージェント(CyberAgent, Inc.)はファーウェイ(Huawei、華為技術)とともに以下を発表した。ファーウェイのCloudFabricソリューションを使って、サイバーエージェントは、Intent-Driven Network(IDN)機能を備えた固定型スイッチで全面的に構成されるクラウドデータセンター・ネットワーク構築に成功した。この次世代クラウドデータセンターの構築はメディア、インターネット広告、ゲーミングなどの分野におけるサイバーエージェントの高まる要望に効果的に対処し、同社のビジネスバリューを最大に引き上げる。

サイバーエージェントは日本でよく知られているインターネット企業である。同社はオンラインコミュニティー、ビデオオンデマンド(VOD)、ゲーミング、広告、インターネットベンチャーキャピタルなど多数の分野でサービスを提供している。2018年の収益は、38億米ドルを超えると予想されている。クラウドコンピューティング、AI、ビッグデータが世界規模で発展するにつれ、迅速なサービスの変化はより大きな要件をデータセンターに突き付けている。さらに、サイバーエージェントが至急克服しなければならない主要な課題の1つは、IDNへのスムーズな進化を達成しながら高可用性と高スケーラビリティーを備えるデータセンター・ネットワークの構築方法であった。

サイバーエージェントのチーフネットワークアーキテクトである澤田石朋彦氏は「サイバーエージェントのビジョンは、21世紀をリードする企業を設立することである。このビジョンを支える中核となる基盤の1つは、高可用性、高スケーラビリティー、インテリジェンスおよびオートメーションに向けた一貫した進化を備えるクラウドデータセンターである。総合的評価に基づき、ファーウェイのIntent-Driven CloudFabricは高水準のソリューションおよびデバイスを提供し、当社の次世代クラウドデータセンター建築の要件を満たしている」と語った。

ファーウェイのデータセンター・ネットワーク・ドメインのゼネラルマネージャーであるレオン・ワン氏は「サイバーエージェントが次世代クラウドデータセンター構築で当社を選択してくれたことに感謝する。業界は現在、デジタル・トランスフォーメーションの後半段階に入ろうとしている。企業のデータセンターはもはや単にビジネスサポートセンターだけではなく、価値創造センターになった。ファーウェイは顧客中心の原則を忠実に守り、金融やインターネットなどの業界をリードする世界中の顧客の要望に応え、AIおよびビッグデータ・テクノロジーを備えたネットワーク・オートメーションおよびインテリジェンスを向上させて業界の発展を一貫してリードしていく」と語った。

ファーウェイのCloudFabricはこれまでの基準を打ち破り、全体が固定型スイッチだけのネットワークを建設する。このソリューションは主流のスパイン&リーフ型アーキテクチャーを使用してEVPN、VXLANなどのテクノロジーをサポートし、サードパーティーのオートメーション管理ツールに組み込むことができる。これは次世代のデータセンター・ネットワークを構築する際に中小規模の企業にとって最適なソリューションである。このソリューションの主な機能は以下の通り。

1.高帯域相互接続と大容量バッファアクセス
スパインノードとして使用されるCE8800シリーズ・スイッチは業界で最も高密度の64の100GEポートを提供する。リーフノードとして使用されるCE6800シリーズは100GEアップリンク・ポートを提供し、データセンター内部で100GE相互接続を提供する。

2.ネットワーク全体で高い信頼性がサービス中断なしを実現
業界で最も包括的なデバイス間リンクアグリゲーション・テクノロジーを備えるこのネットワークはスイッチのアップグレードの際にアクティブ・アクティブサーバー・アクセスと中断なしを実現し、年中無休のサービス利用を可能にする。

3.コンパクトで容易な管理がCAPEXとOPEXを軽減
CE8860シリーズはスペースを2Uだけしか必要とせず、異なるインターフェース速度(10GE、25GE、40GE、100GE)のサーバーの高密度アクセスを実現し、機械室のスペースを節約する。デバイスはAnsibleなどのサードパーティー・ツールに組み込み、統合されたネットワークおよびIT管理を実装できる。

ファーウェイのCloudFabricは120カ国以上の2800の企業でサービスを提供してきた。特に、CloudFabricは金融、インターネット、メディア&エンターテインメント(M&E)、クラウドサービスプロバイダー、通信キャリアなどの業界で大規模に商用利用されてきた。CloudFabricはIDNアーキテクチャーを使用して、より多くの企業がデータ処理を中心とする次世代ネットワーク・プラットフォームを構築することを推進する。

ソース:Huawei

アクセスランキング

twitter

facebook

試し読み上位の作品

表紙クリック後、右上のボタンで拡大表示できます