動画プレスリリース配信サービス Video News Release Channel VNR.ch

初めての方はこちら
TOP > リリース >海外リリース > 韓国TL成形外科
海外リリース

韓国TL成形外科、満足のいく頬骨縮小術のためのアドバイス

韓国TL成形外科

2018年04月20日 09:10 配信
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

韓国TL成形外科、満足のいく頬骨縮小術のためのアドバイス

AsiaNet 73148

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180419/2109552-1
Caption: 韓国TL成形外科 輪郭センター


【ソウル(韓国)2018年4月20日PR Newswire】
顔型の屈曲がひどかったり頬骨が発達した顔型は、険しい印象を与え、頬骨の下に影ができるため皮膚がでこぼこして見え、垂れて老けた印象を与える。これに対する解決策として頬骨を直接縮小する頬骨縮小術が登場した。

これは頬骨が飛び出して印象が強く見える場合や、横頬骨、前頬骨が発達して顔が滑らかでなかったり広く見える場合、非対称な顔型などに適している。

頬骨縮小手術の場合、イメージと印象が大きく変わり、年齢より若くてやさしく見える印象を与えることができるが、単に頬骨のサイズが縮小するだけでなく、立体感を生かしながら、長細い頬骨ラインを作って、さらに小さく見える顔型に改善するノウハウが非常に重要であるため、簡単に病院を決定することは避けるべきであり、担当医と詳細な相談をする必要がある。

2014ヨーロッパ頭蓋顔面成形外科学会(EACMFS)の論文で発表された韓国TL成形外科のタイトニング3D頬骨縮小術は、頬骨縮小時に、上方後部固定を実施して、皮膚の筋肉を引き上げて頬の垂れがなく、顔をなめらかでタイトに仕上げながら、全体的な顔の立体感を生かす。

専門家の話によると、「TL成形外科3D頬骨縮小術は、横の頬骨をより深い地点から切骨して上向きに密着固定させる方法で、頬の垂れが非常に少ないのが特徴である。この手術は、台形切骨と双方向回転方式で頬骨を減らし、後部固定を通して皮膚筋肉をタイトに仕上げ、頬の垂れや不正癒合を気にすることなく、より滑らかで弾力性のある頬骨縮小手術が可能である」と言う。

韓国TL成形外科3Dタイトニング頬骨縮小術は、最適の切骨線を見つけて1:1で徹底した精密検査を行っている。個別に希望の顔型に対する嗜好度と顔の骨の条件に合った正確なカスタマイズ分析で、頬の垂れ防止及び滑らかな横の頬骨ラインを期待することができ、繊細で精巧な施術で腫れとあざを最小限に抑える頬骨縮小術の結果を示している。

手術室には清潔管理で患者の信頼性を高めており、熟練したノウハウとカスタマイズデザインで手術後には、どの角度から見ても自然で童顔な顔型が完成され、満足度の高い効果を期待することができるものと思われる。

【LINE】jptlps
【e-mail】jp.tlpskorea@gmail.com
【アメーバブログ】http://ameblo.jp/jptlps

日本語コーディネート 佐藤美穂

(日本語リリース:クライアント提供)

アクセスランキング

twitter

facebook

試し読み上位の作品

表紙クリック後、右上のボタンで拡大表示できます